« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月30日 (火)

オーラ。

Bi 会社の人が、買ったけど合わなかったとゆー理由で、コレを譲りうけました、こまりです。
「美肌○族」シリーズのピーリングジェル。
@コスメでも評価が賛否両論。
ちょとドキドキしつつも使ってみましたよ。
かなり小さいスクラブで痛くない。けど、こんなんで落ちるのかなーって感じだったのだけど、流してビックリ。
テュルンテュルンですよ。おぉー。むきたまご肌ならぬ、どちらかとゆーと、ガングロたまごちゃん@おでんくん。ですけど。
でも、評価で乾燥するだの、つっぱるだの書いてあったので、即座にシートマスクです。
あたしは、ライ○セラ派ですよ。カネ○ウはダメでした・・。
ピーリングとシートマスクのW効果か、かなりステキでしたよ。しかも@もらい物。あんまり角質とっちゃダメってゆうけど、角質が残っててもシワになっちゃったりするらしいねぇ。
もういい歳なのに海とか行っちゃってるし、ケアですよ、ケア。
ライ○セラのシートマスクを、友達から誕生日プレゼントに15枚も貰ったので、週に2回のスペシャルケアを実施ちう。
SK-○のパックとかって、すんごいいいらしいけど、すんごい高いよね。続かないと意味ないと思うので、やはり、チープなコスメ大歓迎。
ちなみに、あたし、コスメ買う時や、買った後、必ず@コスメを覗いてしまいますよ。癖?調べずに買って、評価低いと、ゲンナリしちゃいますよ。

ところで、オーラ診断 とゆーのを、ちょと前に見つけてやってみてました。
わたくし、青色のオーラでしたよ。

博愛主義の世話好き屋さん

■性格
自分のことより他人のことを優先して考えてしまう。
頼まれると「ノー」と言えない人の良さがある。
自分が目立ったりするのは苦手で、色々なことから一歩引いて構える。なので意図せず人に注目等されると混乱してしまう。
人を影から支えることに長けている。
とても気が長く頭脳戦には長けているが、チャンスの時に人情を優先してしまう場合がある。
細かいことも深く考え過ぎてしまうので気苦労が絶えない。

■好きな異性のタイプ
意外と面食い

むむ・・・。気が長くって所はアレだけど、ほぼ当たってます。
でも文章にすると、まるでTHE★いい人みたい。ぷぷぷ。
けど「意外と面食い」て、「意外と」は余計ですよ。失敬な。

| | コメント (3)

2007年1月24日 (水)

三角折り。

昨日、いつものようにmakaのお墓に行ったら、墓石代わりの珊瑚が無くなっていました。公園中を探したけど見つからず。やっと落ち着いてきてたと思ったのに残念ですよ。やっと2つ咲いた黄色のビオラも一つ千切られてましたよ・・・。
公園だから仕方ないなーとも思うけど、ちょと悲しい今日この頃。
ひ。くんにメールを打っておいたら、夜、電話があって、 「makaが、子供と一緒に遊んだんだよー。でも、木が代わりに置いてあったから大丈夫」て。そっかー、makaが子供と一緒に遊んだって思えば心穏やかなのだねぇ・・・って、なんで木を置いてるのを知っているのだ?置いたのはあたしだけど、置いたことは言ってないのに。
てことは、公園に行ってくれたのだね!さすがだよ!!ほいじゃー今からうちに来るのかしら♪て思ってたのに
「ほいじゃ、ご飯食べるねー。後でねー。」ってヲイ!帰っちゃってるのかYO!公園は、うちのマンションの向かいだYO!なんなんだぁぁぁ!!!と気づくも、小心者のゆえ、言えず、な、こまりです。前置きが長すぎましたよ。
一瞬、ヒドイ・・・て思ったけど、なんだか、肩すかしにあったようで、笑けてきましたよ。


Torepe トイレットペーパーの「三角折り」について。
会社のトイレでも、たまに三角折をして出てくる人がいるの。あたしは、「几帳面な人だな~」位にしか思ってなかったの。けど、友達は、「人が出てきて、三角折してあると、すっごいイヤ!その部分は捨てて使うよ!」って言っていた。最初は意味が分からなかったけど、聞いて、ちょと気になるようになった。影響され易いお年頃なのですw


理由:トレペは、大体利き手で使用する。三角折は、片手ではできない。そして、ちゃんと三角折りをするには利き手が必要不可欠。しかも、手を洗った後に戻って折るものではない。てことは、トレペを使った手で折っているとゆーこと。

・・・・。確かに。大体三角折りって、「わたくし、几帳面でしてよ?千切りっぱなしとか、気になっちゃうザマス」みないな時に、する。あたしはw
だから、友達が、こゆ事を言うまで、三角折をする人は凄い!と思っていたのだけど、打ち砕かれた。そして、非常に気になるようになった。

なので調べてみたw

このトイレットペーパーを三角に折るという行為は、本来なら清掃員がやるべき仕事である。一般の人がやることではない。もともとは清掃が終わったことを示すサインが、トイレットペーパーの三角折なのだ。

だそうです。セレブは三角折りはしないそーですよ?
「掃除済」のサインらしい。

一つ勉強になりましたよ。
トイレ掃除をしたら、「三角折り」をしましょうw

| | コメント (2)

2007年1月23日 (火)

考えごと。

Photo_7 Kちゃんに、完熟パインをもらったの。
ロッカーが甘いパインのいい匂いだった~。帰ってmakaちんにお供えしてから、いただきましたよ~。
ジューシーでウマウマだったよ。
けど、あれね。生パインて、舌が繊維で切れるよね。ちびっと痛い。缶詰だと切れないのになー。
一人で一個も食べれるなんて贅沢ですよ。
少し冷凍パインにしちゃおうかと考え中。あったよね?給食でw

さて、最近色々考えている事。
makaちんを新たに探そうかな・・・て思ったり、それが不安だったり、罪悪感だったり。
makaちんは、インコの可愛さ、愛おしさ、危険なことを教えてくれた。
makaちんが、お★様になってから、やっと普段は元気に生活できるようになったの。だけど、やっぱり夜は不安になったり、する。一人じゃ、なかなか寝付けなかったり。
本当は最初にすべきだったのだけど、インコについて、毎日勉強するようになった。だからって、makaちんに罪を償うって事にはならないのだけど。
エサはペレットの方がいいとか、ゲージはどうだとか、あげてはいけない物とか、たくさん知らない事もあった。
新しくお迎えしても、makaちんの代わりにするつもりはないの。
亡くなってすぐは、全く同じ種類の子を飼って、makaだと思いたい・・・と思った事もあったけど、あのmakaちんは、makaだけなのだよ。「やっぱりmakaじゃない・・・」て思ってしまうかもしれない自分もイヤだったし、代わりにされてる子も可愛そう。
ただの自分のエゴになっちゃうから。
makaちんにしてあげられなかった事をしてあげたい。せっかく教えてもらったインコの愛おしさを、ずっと心に置いておきたいって思ったり。
亡くしちゃったから、次へ~って気持ちではないの。

makaの名前は本当は「makana」で、ハワイ語で、「贈り物」て意味でした。ホワイトデーに貰ったからって事だったけど、それと同時に「命の贈り物」でもあったの。
だから、新しくお迎えしたとしても、きっと「makana」て名前は引き継がれると思う。

けど実際色々考えていて、あたしより、他の人にお迎えされた方が幸せになるんじゃないかとか、makaちんがヤキモチ焼いちゃうんじゃないか、とか。
今、部屋の壁には、「鳥の飼い主への十戒」が貼ってあって、読みながら色んな事を考える。

ペットが、お★様になる度、悲しみにくれるあたしを見て、ママンは「可愛そうだから、もう飼わないようにしなさい」て言ってた。
もし、あたしが「飼います」て事で、孵化させるのなら、そうだなぁ・・って思うのだけど、もう動物たちは売られるために生まれてきてて、子供は親を選べないように、飼い主を選べない。だったら、幸せな所にきたな~って思える飼い主になったらいいじゃないかって思うんだ。確かに、お別れは身が裂かれる程辛いものだし、できれば味わいたくない。
でも、辛いのは愛しているからこそなんだって。

こんなことを毎日考えてて、自分の中でパンクしちゃいそうになってきた。

関係ないけど、「今、結婚しても、コイツを一生幸せにしてあげられるんだろうか。」的な、マリッジブルー@結婚前男性な気持ちと似ているのかも。

正直、makaは絶対に記憶から消えないけど、少しづつ薄れていくのが怖かったりするの。

こゆ事って賛否両論だったりするんだろうけど、あたしの中でも賛否両論になっちゃって、どうすることが正しいのか、間違っているのか、わけわかんなくなってきましたよ・・・。

そんな考え事なのでした。

| | コメント (3)

2007年1月14日 (日)

十戒。

鳥の飼い主への十戒(鳥の視点から)

1.私は10年かそれ以上生きるでしょう。飼い主と分かれるのは大変辛いのです。おうちにつれて帰る前にそのことを思い出してください。

2.あなたが私に望んでいることを理解する時間をください。

3.私を信じてください。それが私の幸せにとって重要なのです。

4.長い間私に対して怒らないでください。罰として閉じ込めたりしないでください。あなたには仕事と娯楽があり、友達もいます。私にはあなたしかいないのです。

5.私に時々話しかけてください。あなたの言葉が理解できなくても、話しかけてくれればあなたの声はわかります。

6.あなたがどのように私を扱っても、私はそれを忘れません。

7.私を叩く前に、私にはくちばしがあって、あなたの手の骨をたやすく噛み砕いてしまうこともできるということを思い出してください。でも私は噛みません。

8.私を協力的でない、ガンコ、だらしないと叱る前に、そうさせる原因があるかどうか考えてみてください。たぶん、適切な食べ物をもらってないか、ゲージにいる時間が長すぎるのです。

9.私が年老いても世話をしてください。あなたも年をとるのですから。

10.私が最後に旅立つとき、一緒にいてください。「見ていられない」とか「自分のいないときであってほしい」なんて言わないで。あなたがそこにいてくれれば、どんなことも安らかに受け入れられます。そしてどうか忘れないでください。私があなたを愛していることを。

TEN COMMANDMENTS OF PARROT OWNERSHIP
- From a parrot's point of view -
By Jane Hallander

犬の飼い主のための十戒。は、読んだ事がありました。犬だけじゃなくて、命がある者全てに言える事だなぁと思っていたら、鳥の飼い主のための十戒を見つけました。
あたしは、makaと一緒に暮らしている時に、えびちゃんの所で犬の飼い主のための十戒を教えてもらったので、makaにも置き換えて接していたつもりでした。
1.は当然、ずっとずっと一緒だと思っていました。
2.は、唯一望んでいたことは、おしゃべりができるようになること。時間をかけて楽しく教えていこうって思っていました。
3.は、あたしはmakaを信じていました。でも、過信しすぎていていたところがいけなかったです。
4.は、怒る事はあったけど、怒るのはその時だけです。小さな小鳥にも言い分はあるだろうから。makaがいるから、一分でも早く帰ってあげたくて、マッハで自転車を漕いで帰っていたし、連れていけない限りは、極力一人で遊びに行く事は避けてきました。
5.は、常に喋ってました・・・。無視されても話かけてました(汗)
6.は、意地悪した事もあったので、心が痛いです・・・。
7.は、makaは噛んできたけど、さすがに小鳥は叩けませんよ。
8.は、あまり感じた事はありません。う○ちをポロポロしても、ある意味面白いくらいでした。挙句、「ウンチシタノ?」て楽しそうにmakaが喋ってました・・。
9.は、年老いても一緒にいるつもりでした。けど達成できませんでした。
10.は、一緒にいてあげる事ができませんでした。一緒にいたら守ることもできたのに。安らかに受け入れることができなかったんじゃないか、寂しかったんじゃないか、怖かったんじゃないか、と今でも辛いです。

何度読んでも、十戒は、涙が出ます。
動物と一緒に生活してもらってる人は、必ず目を通して欲しいって思います。
目を通していても、あたしは全てを守ってあげることはできなかったから、いい飼い主じゃなかったかもしれない。それでも、makaは愛してくれてたかなぁ・・。

今回の、makaの事で学んだ事に、強く心に想った事があります。
「後でや、明日が必ずあるわけじゃない」ということ。
後や、明日が当然あると思いすぎてたら、きっとやらなかった事とかできなかった事に後悔しちゃうから。
だから、たかだかケンカとかでイヤな気分に時間を費やすのも無駄。腹が立つ事もあるだろうけど、長い事怒らない事。
明日仲直りしようって思ったとしても、明日がもしなかったら・・・そう思うだけで、その時、その瞬間って大切なんだなぁって思うのだよ。

私たちは、言葉を与えられた生き物である事。「言わなくても分かって欲しい」や「言わなくても分かるだろう」ではなく、言葉を大切にすること。
他にもたくさんあるけど、それに、全てを実行するのは簡単な事じゃないかもしれないけど、心のどこかに置いておけたらいいかなって思います。

| | コメント (1)

2007年1月10日 (水)

おまもり。

Maka_38 似てるかな?w

年末にね、どーしてもmakaの姿がないと不安だったので、makaを生みましたよ。
型紙なんてないから、目分量。
フェルトでチクチク。
尻尾と風切羽は、以前makaにもらった羽をつけたのだ。
換羽期の時に、大物は全部貰ってたから役に立ったよw
サイズなんて測ってないのに、大きさがmakaと同じになったよ。
実家に帰ると、パパさんが足を改良してくれたのだ。
ワイヤーをハンダ付けしてくれたので、フェルトの足に入れたら、どこにでもとまれるようになっちゃったよ。ぐっじょぶ@パパさん。

顔は微妙だけど後姿はソックリなので、ふと不安になった時に見ると安心しますよ。
なのであたしの心のお守りなのです。

お守りといえば、会社で、護国神社へお参りに行ったので、ついでにお守り貰ってきたの。
去年も買った、海の近くの大島神社のお守り、今年あげちゃったので、なかったの。
黒松の大島神社のお守りは、交通安全だったんだけど、いい仕事してくれてましたよ。去年無事故でしたよ。
とりあえず護国神社のお守りに今年も守ってもらえるだろーと思ったのに、朝、チャリ同士の事故に遭ってしまったよ・・・・。
サイドからチャリが突進してきたのだ・・・。いててて・・・。
「ちょっと!お守りあんのに!」って思い、よくお守りを見てみたら、 「招福・金運 鈴守」て書いてあった。
嗚呼、交通安全は含まれてなかったのね・・・。

Koimamori ←去年の護国神社のお守り。
「しあわせいっぱいこい守」。かわいいので好きだったんだけど、今年は色が変だったからやめた(動機が不純である)。
そういえば去年、お守りって500円くらいだろーと思って1000円しか持って行かず、自分の1個しか貰えなかったのだ。
護国神社のお守りは、ほぼ1個800円。
今回は、ちゃんと財布ごと持っていきましたよ。

Suzu_1 ←今年のお守り。
今年はどれにしようかなーて思ったら、すぐに目に付いたの。
鈴のお守り。お守りな、鈴なの。
桜の花が、ぷっくり書いてあるのだ。
makaは鈴が大好きなので、これしかないな、と。

ちょと交通安全が入ってないから、アレだけど、招いてくださいよ、福。・・・そして金運w

| | コメント (3)

2007年1月 9日 (火)

どうもありがとう。

色々ご心配をありがとう。
makaと、あたしに、コメントや、メールありがとうございました。
どうにかやっと少し落ち着いてきました。
当初は、落ち着ける日が来るのかな・・・って思う程だったけど。

今日は、去年を振り返って・・・を書こうかと思ったのだけど、明日にしますよ。
なので、独断と偏見で、色々な想いを書こうと思います。
自分に対するケジメにもなればいいな。

今回、あたしは、大切な心の友であり、息子であり、宝だったmakaを亡くしました。
可愛そうなのは、あたしでなく、makaでした。
あの時、こうしていれば・・・と思うと、今でも胸が苦しくなります。
あたしの不甲斐無さで、makaは亡くなりました。
何度も、この苦しさから逃げ出したくもなったけど、一番苦しかったのは、makaなのだから、あたしが苦しいのは当然で、あたしは逃げちゃいけない。
そして、makaの命を無駄にしちゃいけないって思ったのです。

あたしは、makaの前にも、一緒に暮らす子たちがいました。
Tamako3 初代は、モルモットの「珠小(たまこ)」。
この子の時は、モルモットについて、無知でした。
けど、今思えば、まだ可愛い可愛いで飼っていた気がします。
実家で飼っていたので、世話も、お母さんに任せてみたりした事もありました。
お水を替えるのを忘れたり、糞を採るのを忘れたり。
人間の食べ物も、こっそりもらって食べてました。
途中から、モルモットについて勉強し、月に1度、健康診断にも連れて行きました。
あたしが実家を留守にして、家族に預けている間に、体調を崩し、すぐに病院に連れて行き、数日通院したのですが、4年ちょっとで、お★様になってしまいました。

Ruiwan 2代目は、モルモットの「瑠依(るい)」。
一人暮らしをはじめてから、一緒に生活しました。
でも、珠小の事があったので、慎重に育てました。
当たり前のことだけど、お水やシートも毎日取り替えて、モルモットフードとペットのオヤツ、野菜以外は絶対に与えませんでした。その時は、完璧に育てていると思っていました。
だけど、小さなサインに気づくのが遅れてしまい、珠小と同じ位の4年程で、お★様になってしまいました。

Maka28 そして、3代目の、「makana(マカ)」。
初めてのセキセイインコだったので、インコに対する知識が薄かったので、色々と勉強しながら育てました。
モルモルズの時に学んだ事も併用していたつもりでした。
瑠依の時のように小さなサインを見逃さないように、常に、観察をしました。セキセイインコを自分で飼うのは初めてだったけど、初めてインコの可愛さを知りました。
けど、小鳥の危険について、まだ勉強不足でした。
友達は、カゴで飼っていたけど、水入れで落鳥してしまったと言っていました。小鳥は事故が多いそうです。
モルモットの時には関係なかった事が、小鳥には危険だったり。
インコの可愛さを知ると同時に、なにげない生活の中に、たくさんの危険があるという事を知りました。


無知で、生き物を飼うという事の罪深さ。
けど、完璧なんてありえない。
100%なんてありえない。
けど、それをいかに100%な状態で一緒に暮らす事ができるかを、日々考えないといけないのだなって思う。

今、ワンちゃんや、ネコちゃんや、小鳥さんや、小動物と、一緒に暮らしている人って多いと思うのです。
当たり前のように一緒にいる時には気づけない事ってたくさんあると思うのです。
一緒にいられる事のありがたさ、幸せな気持ち。
ロードじゃないけど、「なんでもないような事が幸せ」なのだね。
1日1日を大切に、そして、その子たちが幸せでいれる様に、この記事を読んで、ふと思い出してもらえると、嬉しいなって思います。
そして、これは自分のためにも。
動物だけでなく、これって、人間同士にもいえる事だと思うのです。

今、makaのカゴには、お守りが置いてあって、大好きだったミカンや、おもちゃや、エサがお供えしてあります。
心の中に、お引越しをしたmakaは、今も、そしてこれからもずっと愛してくれる人います。

昔飼ってた実家インコのチイコ、珠小、実家のハムの米吉、瑠依、拾った白インコちゃん、その他お★様になってしまったお友達、そしてmaka。
みんなで仲良くしていてね。

| | コメント (3)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »